MCTQ日本語版について

MCTQ日本語版は、原作者のロネンバーグ教授の許可のもと、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部のメンバーによって、翻訳・作成されました。
通常のローカライズ手続きと同様にバックトランスレーションによる意味内容の確認を行い、以下の3つのステップを踏んで最終的に確定されました。

  1. 意味内容の相違の確認
  2. 標準的クロノタイプ評価尺度(朝型夜型質問紙:MEQ)との併存的妥当性の確認
  3. 体内時計時刻(内因性メラトニン分泌立ち上がり時刻:DLMO)との併存的妥当性の確認

日本人一般成人450名を対象とした調査の結果、日本語版MCTQのクロノタイプ指標である睡眠調整MSFscは、原版と同様にクロノタイプの標準的な尺度であるMEQと有意な相関が得られました(r=-0.612)*1。 この相関係数は睡眠負債を調整する前の休日の睡眠中央時刻MSF(r=-0.652)よりも小さいことから、MEQの回答にはふだんの睡眠負債が影響しているというロネンバーグ教授の主張を支持する結果となっています。
さらに、睡眠調整MSFscは、MEQと比較して、より正確に体内時計の時刻(DLMO)を推定できることが明らかになりました(r=0.542)。
詳細は、妥当性検証論文をご覧ください*2


*1 MCTQの各パラメータの詳細は「MCTQの使用方法」をご覧ください。

*2 Kitamura S, Hida A, Aritake S, Higuchi S, Enomoto M, Kato M, Vetter C, Roenneberg T, Mishima K. Validity of the Japanese version of the Munich ChronoType Questionnaire. Chronobiol Int. 2014 Aug;31(7):845-50.

  • クロノタイプとは
  • MCTQの特徴
  • MCTQ日本語版について